2017/07/08

エアーポッズはすぐに購入できない!何がそんなにすごいのか?

 

高音質な音楽を手軽に聴きたいという要望に十分応える環境が急速に実現しています。

インターネット環境の急速な技術革新とネット環境の整備により、高音質(ハイレゾ対応)な音楽の配信システム(サイト)を誰でも手軽に使える環境になりました。

そして、昔リリースされた懐かしの音楽までもが、マスター音源よりハイレゾ対応のフォーマットにリニューアルされ、高音質でよみがえり、続々音楽配信サイトよりリリースされています。

そして、ハイレゾ対応でない音源(例えばCD、MP3音源など)も、ハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする技術もリリースされています(ソニー独自の高音質技術「DSEE HX」)

自分が収集したCD等をハイレゾ並みの高音質で聴くことが出来るソニー独自の高音質技術「DSEE HX」についてはこちらの記事を参照して下さい。
↓ 関連記事 ↓

手軽に楽しめる価格帯からハイエンドまで、素晴らしいハイレゾ対応のポータブルオーディオ機器が、続々リリースされています。

その中でも2万円前後という価格帯でよくぞここまで素晴らしい機能を盛り込んだSonyNW-A35(ウオークマン)には、完全に脱帽です。

驚くべきコストパフォーマンスに優れた製品で、私も日頃愛用して手放せません。

最高のコストパフォーマンスを誇るSonyNW-A35(ウオークマン)についてはこちらの記事を参照して下さい。
↓ 関連記事 ↓

さて、こうしたポータブルオーディオの急速な普及に伴い、ワイヤレスBluetooth対応の高性能なイヤーフォンが続々リリースされています。

以前、私が絶賛した、高級オーディオ機器を発売していた、デンマークのBang & Olufsen社が、満を持してこの2016年7月に発売し たBluetooth対応イヤーフォン「Beoplay H5」について紹介した記事を是非お読み下さい。
↓ 関連記事 ↓

ワイヤレスのイヤーフォンを一旦手にするとその、その使い勝手の良さは手放せなくなります。

しかし、今まではBluetooth対応というだけでよい音質は望めないと思われていました。

今ではBluetoothで接続して使用する「Bluetoothイヤホン」はその使い勝手の良さと、従来とは比べものにならないほどの高音質(ハイレゾ対応)で音楽を聴くことができることで、最近人気を集めています。

スポンサーリンク

素晴らしい製品「AirPods」

出典元:Apple

そうした中で、とんでもなく素晴らしい製品「AirPods」をApple社がリリースしました。

まずはApple社が提供している”そのとんでもなく素晴らしい製品「AirPods」”の紹介動画(提供元:Apple)を観て下さい!

発売直後に価格ドットコム「イヤホン・ヘッドホン 人気売れ筋ランキング」で堂々の1位に躍り出ました。

私がこの「AirPods」を「とんでもなく素晴らしい製品~」と紹介したのも、使うユーザーにとって、このうえない使いやすさが追求されているからです。

Apple社の製品には熱狂的なファンがいます。

よく、アンドロイドスマホかiphoneかどちらの製品が・・・・・という話題が盛んに行われています。

そこでの観点は使い勝手、性能などを中心に取り上げられているように思います。

確かに、使い勝手、性能は大事です。

しかしApple社製品において、熱狂的なファンが追い求めているのは使い勝手、性能なのでしょうか?

私は違うと思います。

では何を追い求めているのでしょうか?

スポンサーリンク

ゴールデンサークル理論


出典元:Ted.com

その答えは、ゴールデンサークル理論にあると考えます。

ゴールデンサークルとは、マーケティングコンサルタントであるサイモン・シネック氏が、2009年に『TED TALK』でプレゼンした『優れたリーダーはどうやって行動を促すのか』の中で提唱した理論です。

世界中の何百万もの人に視聴された有名なプレゼンテーションですので、是非ご覧いただければと思います。

サイモン・シネックはそこで、重要なこと(ゴールデンサークル)に触れています。

どうしてアップルはあれほど革新的なのか ?について、サイモン・シネックが述べているポイントについて紹介します。

アップルは毎年毎年、他の競合のどこよりも 革新的であり続けています。

でもコンピュータの会社には変わりありません。 他の会社と似たようなものです。

同じような人材を同じように集め 同じような代理店やコンサルタントやメディアを使っています 。

では、なぜアップルは他と違うのでしょうか?それはアップルには他と違う何かがあるのです。

アップルが他の会社と同じだったら きっとこんな CM を作るでしょう !

 

一般の会社の売り込み術

「我々のコンピュータは素晴らしく、 美しいデザインで簡単に使え ユーザフレンドリーです。 ひとつ いかがですか?」
このようなCMを聴いても買う気にはならないでしょう。

我々のほとんどはこんなふうに伝えます。

マーケティングや売り込みもそうです。

我々の対話のほとんどが、そんなふうに行われます。

何をして、どこが違いどう優れているかを述べ 相手に何か行動を期待します。

別の例で置き換えてみましょう。

「私たちは新しい法律事務所を開設しました。 最高の弁護士たちと大手のクライアントを抱えています。
私たちは常にクライアント第一で行動します。いかがですか?」

「 これが私達の車のニューモデルです。低燃費で シートは総革張りです。 いかがですか? 」

これでは心を動かされません。

Apple社の売り込み術

 

アップルならこんな風に伝えます。

「我々のすることはすべて 世界を変えるという信念で行っています。 違う考え方に価値があると信じています。
私たちが世界を変える手段は 美しくデザインされ、 簡単に使えて 親しみやすい製品です。
こうして素晴らしいコンピュータができあがりました。」 一つ欲しくなりませんか?

全然違うでしょう? 買いたくなりますよね?

このアップルの例が示すのは 、”人は「何を」(What)ではなく 「なぜ(Why)」に動かされる”ということです。

そうです! 人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされるのです!

Apple社製品の熱狂的なファンは、このApple社が考えている考え方の「なぜ」に共鳴しているのです。

今回、「AirPods」に触れたときに、驚くべきその使い勝手の良さに驚いたのですが、そうした使い勝手の良さを生み出している機能、性能は、いつかは他社によっても実現されます。

しかし、わたしはこの製品を目の当たりにしたとき、「ゴールデンサークル」で描かれた「Why」を思いだしました。

Apple社のコンセプト「我々のすることはすべて 世界を変えるという信念で行っています 違う考え方に価値があると信じています。」が正にこの素晴らしい製品「AirPods」を生み出したのです。

単に機能、性能の話ではないのです。

スポンサーリンク

「AirPods」の商品イメージ(コンセプト)

出典元:Apple

では、本題の「AirPods」について語りましょう。

昨年12月に予約したアップルのワィヤレスィヤホン「AirPods」が年末に届きました。

はたして期待通りの製品なのか、「どうなんだろう?」と思っていたのですが、実際に使つてみたらあまりの素晴らしさに感動しました。

これぞアップル社の「Why」に基づいた製品なのだ!と改めて納得した次第です。

「AirPods」の丸みを帯びたフォルムがとてもキユートなんです。一言で言うとにかく”かわいい”のです。

そして、専用充電ケースの触り心地がすばらしく、ふたの開き具合の感触と本体を収納する際の収まり具合の感触が何とも言えない気持ちよさを醸し出しています。

これは機能を越えた感性の領域です。

この辺の領域までも踏み込んだアップルの製品開発に対する思いはさすがです。正にこうした企業の姿勢が私たちを強く惹き付けるのです。

アップル社の公式ページで「AirPods」について次のように説明しています。

「シンプルで魔法のようなワイヤレスイヤーフォン」です。

この製品の素晴らしさは「利用者にとって、空気を吸うがごとく自然な一体感を示してくれます」。

それをApple社では「シンプルさとテクノロジーを、かつてない形で融合させたら、限りなく魔法に近いものが生まれました。」と表現しています。

この表現は見事です! まさにシンプルさとテクノロジーの絶妙なバランス!これこそが感性の領域にユーザーの心を捉えて離さない魔法なのです。

具体的にその魔法を示しましょう!

自動接続「ペアリング」

自動接続「ペアリング」の素晴らしさ!

Bluetoothで接続する装置は「ペアリング」という事前手続きが必要です。

ペアリングは一度行えばよいのですが、初心者には少しハードルが高いと思います。

現に、私が愛用しているSONYウオークマンにBluetooth対応イヤーフォン「Beoplay H5」を接続する際には、NW-A35のメニューより設定モードのBluetooth オーディオ機器接続画面を選び、Beoplay H5接続をタップして、Beoplay H5の接続ボタンをクリックする手順を踏みます。

もちろん慣れてしまえば、全く気にならない操作ですが、アップルの領域ではそこが魔法なのです。

充電機能もある専用ケースに「AirPods」を入れた状態で蓋を開ければ、そばにあるiPhoneがAirPodsを認識し、画面をタップするだけでペアリングすることができます。

しかも、この操作が必要なのは初めの1回だけなのです。

その後は「AirPods」をケースから取り出すと自動的にオン、ケースにしまえばオフになります。

本体はスイッチもないシンプルなデザインで、本体内蔵のセンサーで耳に装着したことが認識され、自動的にiPhoneと接続します。

そしてユーザーは、「AirPods」からの「ビョン」という音でiPhoneと接続したことが分かる仕組みなのです。

いかがですか? 「AirPods」の認識からペアリングまで簡単に完了するのは、さすがはアップル製品と思いませんか?

まさにApple社のコンセプト「Why」がなせる魔法です!

今、私が紹介した「AirPods」の特に優れた特徴として

  • ペアリングの容易さ
  • 片方のイヤホンを外すと、流れていた音楽が瞬時に消えて外界の音が聞こえる、そして外したイヤホンを再びつけると、消えていた音楽が聴こえだす

を紹介しました。

Apple社が制作したCM動画でその様子が描かれていますのでご覧ください(実際のその素晴らしさをイメージ出来ます)。(ペアリングの容易さは4秒後、音楽の遮断は52‐55秒に描かれています。

その間「AirPods」のテーマsong ”Down” Marian Hillが流れています。このテーマsongが何とも粋でいい感じです(さすがAppleのセンスのよさ!)。

参考までに、このMarian Hillが歌っている”Down” のMusicVideoがありましたので、Youtube動画を掲載しておきます。↓↓

AirPodsの使用感をまとめますとこんな具合です↓

  • 「AirPods」は専用ケースから取り出せば、電源が入り、すぐに使える状態になります。
  • 耳につければ、デバイスからの音声が自動的に「AirPods」から流れてきます。
  • 「AirPods」を片方外すと音声が一時停止し、両方とも耳から外すと音声は停止します。

この何とも言えない「自然感」がさすがなのです!

スポンサーリンク

両方のイヤフォンを接続するケーブルさえもない「完全ワイヤレス」

ポータブル機(スマホなど)に接続するケーブルが無いBluetooth接続イヤフォンは、それだけで使いやすさ、煩わしさがなく使い勝手が格段に違います。

この「AirPods」はさらに両方のイヤフォンを接続するケーブルさえもない「完全ワイヤレス」なのです。

斜めがけのバッグを掛けるときにも、全く気にせずに動作できます。

気分転換に両腕を上に伸ばしてあげる(いわゆる伸びをする!)時にも、自然です、引っかかるものが何もないのです。

とにかく自分の姿勢に対するストレスがまったくないことに気づき、手放せません。

2016年9月に発売された「iphone 7」と「iphon 7 PIus」から3.5mmイヤホンジャックが廃止されLightningコネクタのみ対応することになりました。

従来の3.5mmイヤホンジャックプラグのオーディオデバイスも使用できるようにLightning変換アダプターが付属しており、従来の3.5mm型イヤホンを使用すると、「充電しながら音楽を聴くことができない」などの状態が発生してしまいます。

このように考えると、「Iphone 7」 と「iphone 7P Plus」を最大限に活用するには「Airpods」の存在は不可欠なのかもしれませんね。

さて、「AirPods」は専用ケースから取り出せば、電源が入り、すぐに使える状態になります。

耳につければ、デバイスからの音声が自動的に「AirPods」から流れてきます。

「AirPods」を片方外すと音声が一時停止し、両方とも耳から外すと音声は停止します。

iphone、Apple Watch、iPad、Macとの親和性は、抜群です。(同じコンセプトでである「Why」を共有している同じメーカー、つまりApple社なので当たり前ですよね)

一つ例を挙げましょう!

Siriとの連携

Siriとの連携です。

【一口メモ】:Siriとは

Siriとは、iOSで利用できる音声認識機能です。
ホームボタンを長押しすると、「ご用件はなんでしょう」と画面に表示される機能ですね。
現在では日本語音声認識精度も向上し、使えるアプリも増えたことで、iPhoneを快適かつ便利に使うための重要なツールになってきました。

ダブルタップで Siri を使う。

ダブルタップの操作は具体的には次のようになります。

どうです!簡単でしょう!

Siriとの連携が取れれば、後はご自由にして欲しいことを命令して下さい(「AirPods」には高性能なマイクが装填されています)。

おっと!iphoneをポケットから取り出す必要が無いのですよ!(素晴らしい)

Siri に何でも頼めます。

例えば、

  • 「〇〇さんに電話をかけて」
  • 「〇〇公園に道案内して」
  • 「橫浜駅への行き方は?」
  • 「SonyClarkのプレイリストを再生して」
  • 「今日のお天気は」
  • 「音楽を一時停止して」
  • 「音量を上げて」
  • 「次の曲にスキップして」
  • 「AirPods の充電残量は?」

等々自由自在です

スポンサーリンク

電話との連携

また電話がかかってくると、、Siri が教えてくれます。ダブルタップして電話に出てください。その後、ダブルタップして電話を切ります。

「AirPods」は、あなたが話をすると音声加速度センサーがそれを認識し、2つのビームフォーミングマイクロフォンと連係しながら、周囲のノイズを取り除いてあなたの声に狙いを定め、あなたの声が相手にはっきり届きます。

「AirPods」の場合、使用中はiPhoneの画面で電話を受けても通話には高性能マイクが内蔵されている「AirPods」が使われますが、「AirPods」で受けた通話をiPhoneに切り替えたい場合、「AirPods」を外せば自動的にiPhoneに切り替わり、そのままiPhoneで通話ができます。

私は、人前で電話会話として「AirPods」に話しかけるのに若干の抵抗があるので、すぐに片方の「AirPods」を外すことで瞬時に自動で切り替わったiPhoneを使って会話します。

充電時間

 

出典元:Apple

では気になる充電時間はどうでしょうか?

「AirPods」は、充電器を兼ねたポータブルの充電ケースと、そこに収まるイヤホンがセットになっており、非常に洗練されたスタイルです。

1回の充電で5時間聴き続けることができます。これはBluetooth接続イヤフォンとしては画期的な長さです。

さらに、 「AirPods」を持ち歩くときは、紛失を避けるために充電ケース内に入れる必要がありますが、このことで自然に充電がされるのです。

専用ケースに入れて蓋を閉じるとイヤホン部に充電され、再生時間は合計24時間に伸びます。

これは毎日3時間使った場合でも、1週間以上使用できると言うことで十分ですね。

また専用ケースを Apple Lightning – USB ケーブルにつなげば、「AirPods」 とケースの両方を充電できます。

【一口メモ】:Apple Lightningとは

Apple Lightningとは 「Lightning」とは、アップルの「iPhone 5」から導入された、コネクタ規格のことです。これまでのiPhoneやiPodなどに用いられてきた、30ピンの「Dockコネクタ」の後継規格にあたります。

充電状況を知りたければ、「AirPods」をあなたのiPhoneに近づけてチェックしましょう。

あるいは、そうです! Siriに「AirPodsのバッテリーはどのくらい?」と聞けばよいのですね!

「AirPods」のこのような驚きはすべて、専用に設計されたAppleのW1チップがもたらします。

このチップは接続とサウンドの質を向上させるために、極めて効率の良いワイヤレス接続を生み出します。

あと付け加える点として、Bluetooth接続イヤフォンでは、電波で通信していることもあり、使用環境によっては音が途切れる「音切れ」を起こすことがあります。

以前私も3000円価格帯のBluetoothイヤフォンを使用したとき、電波ノイズが起こりやすい交通量の多い道路沿いの歩道では、毎回音切れが激しく困った経験があります。

その点、「AirPods」は前述した歩道でもまったく問題なく全く音切れしない製品と言えます。

要望点として一つあります。

それは「AirPods」をダブルタップしSiriを起動させSiriに指示する際に、人混みや交通量の多い道路など雑音が大きいところでは、雑音を拾ってしまい、音声が認識されないことがありました。

 

「Airpods」の装着性

完全ワイヤレスですので、ランニングなど行っている場合、外れてしまうことがないのか心配している声をよく耳にします。

実際に軽いランニングを行って試してみました。

走っている際のフィット感はなかなかいい感じで、外れてしまうという感覚は全くありません。

途中公園に立ち寄り、軽い運動(飛び跳ねたり、屈伸運動を行うなど)では、落ちることはありませんでした。

ただし、3㎞くらい走り続けていると、さすがに汗をかきます。すると耳の穴から滑り落ちてしまうのではという感覚になってきます。

これはあくまで感覚の問題で実際に滑り落ちてしまうことはありませんでした。

実際に、この感覚で不安に感じるケースもあると思います。

そうしたときは、「Airpods」なおしゃれなセンスを壊さない、洗練された落下防止のワイヤーなどが販売されていますので、それをお勧めします。

お勧めする製品は【Spigen】 AirPods 用 ネックストラップ [ 落下防止 ケーブル ]です。

スポンサーリンク

「AirPods」の音質

さて「AirPods」の音質については?

私は日頃ジャズを多く聞きます。

そうした中での私なりの印象を書きます。

まず「AirPods」音質の第一印象は中音域の厚みを増した音作りでボーカルの肉声が非常に艶っぽく感じられます。

そしてすっきりとした印象です。

なかなかツボを押さえた音作りだなと好感を持ちました。

しかしながら、今回私の一押しのBluetooth対応イヤーフォン「Beoplay H5」と比較して印象を書いていますが、ジャズなどのようなアコースティックな音源の表現力としては、ベースの厚み、シンバルのハイハットやブラシワークなど繊細な高音の伸びなどが薄く感じられます。

ただし前述したボーカル、特に女性ボーカルの何とも言えない艶っぽさは見事に表現されていますので、この点について高く評価します。

全体的な「AirPods」のサウンドは、iPhoneに付属しているイヤホン「EarPods」と同様な音質チューニングがされているとの印象です。

音質面だけで言うと、付属イヤホンのEarPods(単体の価格は3200円)と同等と判断しますが、この記事を通して書きました、Apple社ならではの「Why」をコンセプトとした、「とんでもない製品~」である「AirPods」の存在は素晴らしく、そのすごさは遙かに音質面を凌駕しています。

Apple信者だけでなく、一般の人にとっても、瞬時にこの「AirPods」の魔法にかかってしまうことでしょう。

1万8140円という一見高額な製品と見えるかもしれませんが、この魔法にかかって極上な世界を味わえるならば、むしろ安いのではないでしょうか?

音質面は、これだけの素晴らしいプラットフォームが出来ているのであるから、後付けで今以上の素晴らしいハイレゾ対応の「AirPods」上位版が必ず出てくると思います。

ポータブルオーディオ、ハイレゾについてもっと知りたい方は次の関連情報をのぞいてみて下さい
↓↓↓↓↓

SonyウオークマンNW-A35の圧倒的なコストパーフォーマンスにオーディオ界が震撼!

【CDを超える音質】ハイレゾ対応のポータブルオーディオ泥沼編

CDよりも圧倒的に高音質な音源“ハイレゾ”入門のわかりやすい方法ー前編

CDよりも圧倒的に高音質な音源“ハイレゾ”入門のわかりやすい方法ー後編

まとめ

いかがでしたか?

Mac製品、iPhone、Ipad製品、applewatch、そしてこのAirPodsなど革新的な製品を世に送り続けているapple社は、「Why」から始まる企業コンセプトに基づき製品開発を行っています。

この「AirPods」という一つの製品を目のあたりにして改めて、この記事のはじめの方に書きました世界的に有名なマーケティングコンサルタントであるサイモン・シネック氏が提唱したゴールデンサークルの威力を感じました。

Apple社が世に送り出している各々の製品群が進化する都度、有機的に連携し、我々がある意味重視する「感性の世界」に入り込み素晴らしい魔法を実現していると感じます。

ハイレゾ対応の「AirPods」上位版に大いに期待をしている筆者でした。

最後までお読み頂き、誠に有り難うございました(*^-^*)

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です