2017/02/19

ボジョレー解禁 2016年11月17日! 今年の出来は?

 

いよいよボジョレーヌーボー解禁(2016年11月17日)がやってきます。

他の国に比べて日本では特に解禁日を楽しみにしている人が多いのです。

事実、日本の10~20倍のワインを飲んでいる国々が多数あるにも関わらず、ボジョレーヌーボーの輸入量においては日本が圧倒的に他国を上回っています

日本人は何かとイベント好きなため恒例化したのだと思われます。

今年のできが気になりますね?

そこで、いち早くボージョレーヌーボー情報をお届けします。

目次

【追記2016/11/22】ボジョレー2016のキャッチコピー!

ボジョレーの栽培・醸造研究所のベルトラン・シャトレ氏(ボジョレワイン委員会)は2016ボジョレーヌーボーの印象を述べました。

「力強いというよりもエレガントで、酸と果実味、ストラクチュアとのバランス、そして爽やかさと味わい深さとのバランスがすばらしい」

いかがですか?今年のボジョレーを飲まれましたか?

まだの方のために、次のサイトが参考になります♫

2016年ボジョレー・ヌーヴォーをソムリエが試飲してみた

【追記2016/11/17】ボジョレー2016が我が家にも届きました!

4月下旬に今までに無い厳しい霜が降り、重ねて雹の被害にも見舞われたブルゴーニュ地方でした。
天候不順による葡萄への影響はもはや避けられないだろうと心配していましたが、その後のとても暑い夏のおかげで葡萄はクリーンで非常に健全な状態で生育しました。

そして生産者たちのたゆまぬ努力がこの素晴らしい1本を私達にもたらしてくれました!

待ちわびた2016ボジョレーヌーボーの解禁がやってきました。我が家にも予約をしておいた2本が17日に届きました。
そのワインの写真が↓

%e3%83%9c%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e6%b3%a8%e6%96%87%e5%93%81%ef%bc%91
右が「コルディエ・ボージョレ・ヌーヴォー」、
私が今回予約注文した店(WINE MARKET PARTY)の為にだけプイィ・フュッセの名門が少量造るこのヌーヴォーはとにかくナチュラル!収穫量が低く素晴らしい凝縮感が味わる一品です。テロワール(土地特有の性格)を純粋に反映し、一切の補糖もせず、清澄もせずに瓶詰めされたボジョレーワインです。
私が購入した価格:3213円(予約価格なので定価とは異なります)

さてテイスティングしてみた印象:

艶がかった美しいルビーを連想させる美しい色合いで、繊細で上品な心地良い酸味が心地よい一品です。プイィ・フュッセの名門が丹精込めて創り上げた大切な大切な一雫ということを実感できる素晴らしいワインです。

左が「フランク・サンカン」
ボジョレー・ヴィラージュ地区の優良生産地、レニエ村にある家族経営のとても小さな生産者ですが、ボジョレー・ヴィラージュのコンクールではドメーヌ・シャサーニュに次いで第2位。これは世界的に有名な生産者を抑えての受賞で素晴らしい成果です!
私が購入した価格:2380円(予約価格なので定価とは異なります)

さてテイスティングしてみた印象:
濃厚で深みのある色合いでガメイ品種の独特なこくがある上にまろやかな調和が取れて本当に素晴らしいです。この味がこの値段で飲めるとは驚きです!

【追記2016/11/17】10月29日(土曜)ボジョレー初荷羽田に到着の様子!

 17日に解禁のボジョレーの初荷が10月29日(土曜)に羽田空港に到着し、税関での検査模様を紹介します。

普段見れない映像です!!

【追記2016/11/13】いよいよ解禁日までカウントダウンが始まりました!

 いよいよ解禁日までカウントダウンが始まりました!

解禁日11月17日過ぎにお店へ繰り出すのではなく、インターネットで予約するのがスマートです。
そこで、私が以前から信頼を寄せているお店”京橋ワインリカー”を紹介します。
毎年大人気!定番オススメ3商品!

maitosiosusume

 

ヌーヴォーの伝統を担う信頼の銘醸!

meijyou
まだまだあります!希少!超限定入荷!

genteinyuuka
完売御礼が出始めていますのでお早めに予約をどうぞ

詳細はこちら ⇒ ワインの事なら京橋ワインリカーショップへ

京橋ワインリカーのホームページが表示されたら 上段左の検索窓から”ボジョレー”で検索して下さい。

ヌーヴォーの発送用倉庫にもヌーヴォーが到着し、現在京橋ワインリカーショップスタッフ総出で発送作業に追われています(笑)。今年はどのように仕上がっているのか、今から楽しみです。

追記2016/11/11】10月半ば時点でのボージョレ地区のブドウの生育状況について

 【10月半ば時点でのボージョレ地区のブドウの生育状況について】

4月下旬に今までに無い厳しい霜が降り、重ねて雹の被害にも見舞われたブルゴーニュ地方でしたが、その後の安定した天候のおかげでブドウの成熟は十分です。
その結果、2016年のボージョレヌーボーは、凝縮感のある繊細なアロマ(植物系の香り・爽やかな酸味)とフレッシュな味わいを楽しめそうです。
例年に比べると収穫が遅れたために、かえってフレッシュなアロマを感じられるのではないかと予想されています。そして収穫前の天候に恵まれたことで、ブドウの状態も良く、バランスの取れた味わいのあるワイン仕上がると予想されます。

まだ2016年のキャッチコピーは発表されていませんが、今年どのような内容になるのか今から楽しみですね!

【追記2016/10/22】9月16日時点でのボージョレ地区のブドウの生育状況について

 【9月16日時点でのボージョレ地区のブドウの生育状況について

4月下旬に今までに無い厳しい霜が降り、重ねて雹の被害にも見舞われたブルゴーニュ地方でしたが、良好な気候条件が8月から9月の前半まで続いたおかげで、健全な状態を保ちながらブドウの粒は十分な大きさに成長しています。

このような好ましい条件の下で、例年にない健全なブドウへと成長しているため、魅力的な輝きのある色合いとともに、凝縮感のある、フレッシュな果実のアロマを楽しめるヌーヴォーに仕上がるのではないかと期待されています。

 

2016年7月1日現在のボージョレーヌーボーの出来情報!

54816ea13d51a216ab34bf14dbee2e07_s

ボジョレーヌーボーの出来は、ボジョレーが生産されるフランスのブルゴーニュ地方ボージョレ地区の天気に大きく依存しています。

今年の4月26日から27日にかけての夜は、ブルゴーニュ地方の醸造家にとって眠れない夜でした。

ある栽培家が「いままで見たことのないような厳しい霜がおりた。我々にとって地震のような出来事だった」と語ったことからもうかがえます。

この霜の影響でかなりの芽が落ち、ブルゴーニュの10000haあまりの畑に多大な被害があったと言われています。

更に悪いことに、雹(ひょう)の被害も確認され、ぶどうが100%壊滅してしまったところも報告されています。

今年は、ボジョレーヌーボーにとって苦難の年になっているようです。

しかし、収穫量が減りこそすれ、葡萄の実はたくましく育っています。

かなり葡萄の成長は遅れているものの、花の結実期に雨がふるということは、葡萄の実の量が減り、栄養がしっかりと行き渡り、糖分がギュッと凝縮されるという事になり、豊穣なワインが出来る可能性があります。

決して品質への期待は減っていないのです。

実際、1961年、5月に霜が付き、多くのぶどうの芽が枯れて収穫量が減るという事態が起きました。

ところが夏に晴天が続き、実が減った分栄養が凝縮され、素晴らしいぶどうが実りました。

結局、この年のワインは「戦後最高のグレートビンテージ」となりました。

このように、今年のボジョレーも天候次第では、今世紀最高の仕上がりになるかもしれません。期待しましょう

今後の天候動向を踏まえた状況を適宜伝えていきます。

 

そんなわけで、これからの時期、益々ホットになるボージョレーヌーボーについて特集しましたので、是非読んで下さい。

この記事を通して得た知識をもとに、うんちくを傾けながら2016年産の美味しいボジョレーを楽しもうではないですか!

ボージョレーヌーボーとは

43128b0464fcf9a3978ce4fb23676b81_s

フランス.ブルゴーニュ地方のボージョレ地域で造られる、その年に収穫されたガメイというぶどう品種をその年に仕込む、フレッシュな「新酒=ヌーボー」です。

【一口メモ】:ガメイとは

ポジョレーヌ一ポーで使われているぶどう品種です。

ガメイのワインの色や香りは?
ガメイのワインの色は明るい赤色をしています。
香りは、甘ったるい感じのラズぺリーや野いちごの香りです。
いちごの香りがするぶどうでピノノワールが有名ですが、ピノノワールほどふわっと広がるようには香りません。
ソムリエさんは、「黒糖やジャムの香り」と表現するようです。
一言で表現するとガメイのワインの味は「ぶどうジュースのように飲みやすい!」のように果実味たっぷりで軽く酸味のあるフレツシュな飲み口です。

解禁日11月第3木曜日の秘密

13e0edfb66456398aeeeb29f446f4497_s

現在、ボ一ジョレヌ一ボ一の解禁日は毎年11月の第3木曜日ですね。

今年は2016年は11月17日が解禁日です。

しかし一番最初は11月11日が解禁日だったのです。

それは、ボージョレ地区で最も収穫の早いワインが出来あがるのが、おおむねこの日のちかくであり、さらにこの日はサン・マルタンの日という聖人の日であったため、縁起も良いしボ一ショレヌ一ボ一の解禁日にしよう、ということになったのです。

ボジョレーヌ一ヴオーが世界で注目を集めはじめた頃、ワインの売り手たちはいち早く出荷しようと競いはじめました。

その結果、質の悪いワインも出回ってしまい、せっかく世界に認められたボジョレーの評判を落としかねないほどひどい状態でした。

そこで1967年、フランス政府は、ワインの品質を下げないために解禁日を定めたのです。

一番近い別の聖人の日、サン・タルべ一ルの日である11月15日に解禁日を移しました

しかし、そこで再び問題が発生しました!

解禁日を固定してしまうと、年によっては土曜日や日曜日になってしまい、フランスでは日曜日は殆どのワインショップ、レス卜ランがお休みなので、売れ行きにも大きな影響が出てしまうということです。

そこで、フランス政府が1984年に「毎年、11月の第3木曜日」を毎年変動する解禁日に設定」という解決策を考案しました。

それが現在の「11月の第3木曜日午前0時」に解禁!日付変更線の関係上、日本では本国フランスよりも早く解禁日を迎えるのです。

世界で一番早くボジョレーヌーボーを味わえるのですから、是非仲間を誘って盛り上がるのも良いのでは!

今世紀最高になるかもしれない期待の今年のボジョレーヌーボー!。今年は買ってみようかな?と考えている方にボジョレーヌーボーの選び方と注意点を紹介いたします。

ボジョレーヌーボーの選び方

ec703aa1af81b0bd3896e85fb37124a6_s

まず、ボジョレーヌーボーと一口に言っても、実は種類があるんです。

それは等級です。

等級というと肉に関する等級(A5~C1)を思い出します。

アルファベットA~Cは「歩留等級」を表し、「標準がB」、「標準より良いのがA」、「標準より劣るのがC」となっています。

一方、数字1~5は「肉質等級」を表しています。「サシの入り具合(霜降りの度合い)」をベースに、「肉の色つや」、「肉の締まり具合・きめ細やかさ」、「脂の色つや・質」を加味して評価すし、1等級~5等級格付けされており、霜降りが多いほど数値が大きくなります。

ボジョレーワインも、こうした肉と同様に格付けされています

良い順に、

ボジョレーヴィラージュ
ボジョレースペリュール
ボジョレー

となっています。

従いまして「ボジョレー」と名前が付いていても、品質上差がありますので注意して下さい。

一番等級の高い、ボジョレーヴィラージュはボジョレー地区の中でも、特にレベルの高い村の、質の良いブドウを使用したもので、ボジョレーブランドの最高品で、ボジョレースリュール・ボジョレーとの間には大きな差があります。

今年の美味しいボジョレーを飲みたいと思っておられる方は、是非ボジョレーヴィラージュを選んでください

ボジョレーヌーボーの購入

e791f2e4ceba34b33090f40502a154ec_s

ボジョレーヌーボーの購入はネット通販で予約をしておくのが一番です。

参考までに2016年ボジョレーヴィラージュの予約は「ワイン・グローリア」でできます。

2016年産新酒 ドメーヌ・シャサーニュ〈ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー〉【赤】

輸入元希望価格:3,197 円  (本体価格:2,960 円+税) にたいし、
販売価格(税込): 2,480 円  (本体価格: 2,296 円+税)と

お買い得価格で購入できます。

ただし、2016年10月8日時点で在庫5本でしたのでお早めに!

⇒ ワイン・グローリア

おすすめの銘柄は

a3f9c1fb2918ab219c2d85ea84d5b019_s

ボジョレーヌーボーの購入にはネット通販で予約するのがオススメです。解禁日に届けてくれるというサービスで、ボジョレー通にも支持を広く集めています。

今世紀最高になるかもしれない期待の今年のボジョレーヌーボー!ぜひ手にしたいものです!

現時点でのオススメを一品紹介します。

オススメの一品!ロマネ・コンティ並みの低収穫で話題!

おすすめは、驚異のアウーパーヌーウ”ォー「コルディエ ボージョレ・ヌーヴォー 2016」です。

日本で買えるのはここだけ!濃厚コルデイエの新酒!としてネット通販で予約を受け付けています。

⇒ サッポログループネットショップ

【一口メモ】:驚異のアウーパーヌーウ”ォー「コルディエ ボージョレ・ヌーヴォー 2016」

日本で買えるのはここだけ!濃厚コルディエの新酒!2016年も楽しみです!

WINE MARKET PARTYが独占販売するヌーヴォー!長年ワインバイヤーとしてフランスワインを飲みつくしてきた社長荻原が絶対の自信を持ってお勧めするボージョレ・ヌーヴォー!!

プイィ・フュッセの名門が当店の為に少量造るこのヌーヴォーはとにかくナチュラル!収穫量が低く素晴らしい凝縮感が味わえます!テロワールを純粋に反映し、一切の補糖もせず、清澄もせずに瓶詰め!買えるのは恵比寿のWINE MARKT PARTYだけ!

ヌーヴォーパーティーは、他では買えないこの1本、いかがでしょうか?

他にも私が日頃、ネット通販で利用しているのは「京橋ワイン」というお店です。

豊富な品揃えときめ細かいサービスで、気持ちよく買い物が出来ますので、ひんぱんに利用しています。

詳しい内容はこちらです ⇒ ワインの事なら京橋ワインリカーショップへ

ボジョレー・ヌーボー愛飲国は日本

7e5bcc2b6d37719f78ff0a1e0f3f4f06_s

ワインメーカーやぶどう農家がその年の収穫を祝ったり、販売業者がその年の購入量を決める目安にしたりというのが、ボジョレー・ヌーボーの本来の飲まれ方なのです。

2007年のデータによると、なんとボジョレー・ヌーボーの46%は日本が輸入しています。

日本人の年間ワイン消費量は2リットルですが、ヨーロッパの国では少なくて20リットル以上、消費の多いイタリアはなんと48リットルです。

日本の10~20倍のワインを飲んでいる国々が多数あるにも関わらず、ボジョレー・ヌーボーの輸入量においては日本が圧倒的に他国を上回っているのは、日本人は何かとイベント好きなため恒例化したのだと思われます

さて、ここでお祭り的な人気でボジョレーヌーボーが日本で愛飲されている背景に、広告の盛り上がりをあげることが出来ます

日本でも毎年、「今年のボジョレー・ヌーボーはいかに素晴らしい出来栄えであるか」をうたったコピーが、販売店にあふれます。

解禁日の訪れに伴い、このコピーを楽しみにしている人も多いのだとか。

ところで皆さんは、ボジョレーヌーボーに付き物のキャッチコピーには2種類あるってご存知でしたか?

一つは「販売業者」が、一つは「ボジョレーワイン委員会」がつけています。

どんな違いがあるのかというと、販売業者がつけるキャッチコピーはどちらかというと誇大広告気味となる傾向があります。

ワインを販売したいので、少し大げさなコピーをつけるようですね。

従ってそのぶん分かりやすくインパクトのあるキャッチコピーとなっています。

一方、ボジョレーワイン委員会は控えめなキャッチコピーです。

こちらは玄人向けな感じがします。

過去の出来についてご覧いただけるとよく分かると思います。

今までのキャッチコピーを見てみましょう。

販売業者のキャッチコピー

0c2255e4111929c6dfed09308efe8dff_s

2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

引用:Wikipedia

ボジョレーワイン委員会のキャッチコピー

2002年「色付きが良く、しっかりとしたボディ」
2003年「並外れて素晴らしい年」
2004年「生産者の実力が表れる年」
2005年「59年や64年、76年のように偉大な年の一つ」
2006年「とてもうまくいった年」
2007年「果実味が豊かでエレガント」
2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」
2009年「数量は少なく、完璧な品質。桁外れに素晴らしい年」
2010年「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」
2011年「3年連続で、偉大な品質となった」
2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」
2013年「繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ」
2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」

引用:Wikipedia

いかがですか?その違いがお分かりになれましたか?

ボジョレー・ヌーボーの産地ボジョレーとは

a14435ad684927b0c4321839d454d5a6_s

ボショレ一は、フランス パリの東南に位置するブルゴ一ニュ地方の南部、美食の町リヨンからは北部に広がるなだらかな丘陵地区です。

花崗岩質、石灰粘土層の土壌で、黒ぶどう「ガメイ」との相性が非常によい土地です。

ボジョレーの赤ワイン、ロゼワインはガメイからつくられています。

この地では白ワインやロゼワインもつくられていますが、ほとんどがガメイからつくられる赤ワインです。

ボジョレーヌーヴォーとしては白ワインは認められていません。

ボジョレー地区での独特なボジョレーヌーボーの製造過程とは

411a236acb4f0b51a9814fa7b345e083_s

ワインのつくりかたも他の地区のワインとは、違います。

通常は、発酵の前にぶどうを破砕しますが、ここでは収穫した「ぶどうの房を、そのままタンクにいれて発酵させます。

こうすることで、ぶどうの重さでぶどうが割れ果汁が流れ出て自然に発酵が始まり、タンクの中に炭酸ガスが充満します。

そして、ぶどうの実の内部でさまざまな成分が生成され独特の風味が生まれます

皮から色素が溶け出し、タンニンの少ないきれいなルビー色のワインになるのです。

この製法はマセラシオン・カルボニック製法と言われ、フレッシュでフルーテイな魅力あふれた味を作り出します。

ボジョレー地区で夏の終わりに収穫したぶどうを、その年のうちに仕上げた新酒がボジョレーヌーヴォーです。

もともと、ぶどうの収穫に感謝し、祝うとともに、その年のぶどうの作柄を確かめるためにつくられたとも言われておりフレッシュでいきいきとしたおいしさが魅力です。

ボジョレーヌーボーの歴史

f654118161460f8be2c6dae4c2f7d428_s

ボジョレー地区では、紀元2世紀ごろからワインづくりが始まっていると言われるほど長い歴史があります。

冷蔵設備のない時代ですので、人々は近くの醸造所へ行きワインを測り売りで買って、出来たてのワインを愉しんでいたのです。

1900年代中頃まで、ボジヨレーのワインはポジヨレ一地区周辺の限られた地域の人たちだけの愉しみでした。

1951年、フランスでは、軍隊への供給を確保するために、ワインの出荷を12月15日まで制限すると省令が出されました。

それを受けてボジョレ一の生産者協会は心躍るようなフレッシなボジョレ一新酒を、通常よりも早く販売したいと申請を起こしたのです。

その想いが通じ、その年の11月13日、許可が下り「12月15日の解禁を待たずに今現在から販売することができるワイン」がとして許可を受けたのです。

この時初めて「ボショレーヌーヴォ一」と呼ばれるワインが正式に誕生したのです。

このようにして誕生したボジョレ一ヌーヴォーが、世界中で飲れるようになったのは、第2次世界大戦後のことでした。

その背是には、ボジョレの帝王として知られる醸造家ジョルジュデュブッフの努力がありました。

彼は、かっては地元のガブ飲み用のワインでしかなかったボジョレー地区の素朴な地酒ではあるが、ボジョレーワインの素晴らしさを、もっと多くの人に知ってもらいたいと考えました。

ばらばらに活動していたぶどう農家をまとめ、大規模なイベントを考え

「LEBEAUJOLAIS NOUVEAU EST ARRIVE !  (ボショレ一ヌーヴォーがやってきた!)」というポスタ一とともに、世界中の人に、心躍るフル一テイな味わいを伝え、フアンを増やしていったのです。

たった一代で、はつらつとした生気あふれる世界の名ワインにまで磨きあた偉才といえるでしょう。

原産地統制名称(AOC)

93676e43cf2ac43a658ab67e49736e4f_s

一般的にワインを買う際にラベルを見ますね。

そこには「アペラシオン・・・コントロレ」と書いてあるのに気付かれるでしょう。

では、その表示の意味はなんでしょうか?

Appellation d’Origine Controlee (アペラシオン・ドリジヌ・コントローレ)の略称で、原産地呼称のことです。

フランスの伝統的なワイン産地には、使っている葡萄品種や栽培方法、醸造方法などにそれぞれ固有のスタイルがあり、そのような産地の個性を守るため1935年にフランスで制定された規制をAOCと呼びます。

AOCワインはフランスワインの中でも最高級ワインということになります。

AOCを名のるためには、その土地で収穫されたぶどうのみを使用し、その土地に決められたぶどう品種を使用し、単位面積あたりのぶどうの最大収穫量も決められ、さらにはぶどうの糖度、ワインの醸造方法、最低アルコール度数、最低熟成期間などいろいろな基準が細かく定められており、これをクリアした上でINAO(フランスの原産地呼称国立研究所)の厳しい検査をパスし、専門家のテ一スティング・テストに合格する必要があります。

このようにAOCワインは、フランスワインの中のエリー卜中のエリートということになります。

このためAOCワインは、全フランスワイン生産量のうち約33%しかありませんが、日本に輸入されているワインのほとんどが、このAOCワインです

AOCワインでは『Appellation (原産地名) Controlee』と表示されています。

原産地名の大きさの単位は、地方名> 地区名> 村名> 畑名の順番となっており、この単位が小さくなるほど規定が厳しくなり、値段も高額になってきます。

一口にボジヨレーヌ一ボーといつても、種類も地方名、地区名、村名、畑名の4つあり、値段もレペルによって変わつてくるのです。

参考までに地方名・ 地区名・ 村名・ 畑名について掲げておきます

地方名

1b74506adc0d9f39a2cf79d928b72d1f_s

シャンパーニュ地方
ブルゴーニュ地方
コート・デュ・ローヌ地方
ボルドー地方
アルザス地方
ヴァレ・ドゥ・ラ・ロワール地方
プロヴァンス地方
ジュラ地方
サヴォア地方
ラングドック・ルーション地方

地区名

シャンパーニュ
・モンターニュ・ド・ランス地区
・ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区
・コート・ド・ブラン地区
・コート・ド・セザンヌ地区
・オーブ地区

ブルゴーニュ
・コート・ド・ニュイ地区
・コート・ド・ボーヌ地区
・コート・シャロネーズ地区
・マコネー地区
・ボージョレ地区
・コトー・ド・リヨネ地区
・シャブリ地区

コート・デュ・ローヌ

ボルドー
・メドック地区
・グラーヴ地区
・リブルネ地区(サンテミリオン地区,ポムロール地区)
・ソーテルヌ地区
・アントル・ドゥ・メール地区

アルザス(AOC名が葡萄品種となっている.)
・Riesling(リースリング)
・Muscat d’Alsace(ミュスカ・ダルザス)
・Gewurztraminer(ゲヴェルツトラミナール)
・Tokay-Pinot Gris(トケイ・ピノ・グリ)
・PinotNoir(ピノ・ノワール)
・Pinot Blanc(ピノ・ブラン)
・Sylvaner(シルヴァーナ)

ヴァレ・ドゥ・ラ・ロワール
・ナント地区
・アンジュ、ソミュール地区
・コトー・デュ・レイヨン地区
・トゥーレーヌ地区
・中央フランス地区

プロヴァンス
・Cotes de Provence(コート・ド・プロヴァンス)
・Cassis(カシス)
・Bandol(バンドール)
・Palette(パレット)
・Bellet(ベレ)
・Coteaux Varois(コトーヴァロア)

ジュラ地方
・Arbois(アルボア)
・Chateau-Chalon(シャトーシャロン)
・L’Etoile(エトワール)

サヴォア地方
・Crepy(クレピー)
・Seyssel(セイセル)

ラングドック・ルーション地方
・Cotes du Roussillon(コート・デュ・ルーション)
・Collioure(コリウール)
・Corbieres(コルビエール)
・Blanquette de Limoux(ブランケット・ド・リムー)
・Coteau du Languedoc(コトー・デュ・ラングドック)
・Costieres de Nimes(コスティエール・ド・ニーム)

さらに厳しいAOCとして
村名(ポーイヤック、ヴォーヌ・ロマネなど)
畑名(ラ・ターシュなど)
などがあり範囲が狭くなるほど規定が厳しくなります。

おいしい飲み方

f52920ccd637dd5584846c0d65946f82_s-1

そこで、いくつかの美味しく飲むための方法を紹介しましょう。

ワインは寝かせるほど熟成されるイメージがありますが、ボジョレーヌーボーは保存しても美味しくなりません。

具体的な飲み方は、ボトルを寝かせて保存し、飲む前に冷蔵庫に1時間程度入れて10~12℃くらいに冷やしておきますと、より美味しく味わえる温度になります。

よくワインを飲むときに、ワイングラスを回して香りを楽しみながら、飲むことが一般的ですが、ボジヨレーヌーボーの場合は、この飲み方はあまりオススメしません。

新酒のワインなのでフレツシユな風味を楽しむためのワインだからです

もともと香り自体が少ないので、飲む際は口の狭いグラスを使うと、比較的弱いといわれるボジョレーの香りを逃さずに楽しむことができます

ポジョレヌ一ポーに合う料理

552163d7f92bdf32f503d9b2a5cccb12_s

先ほどもお伝えした通り、ボジョレ一ヌーボーは、普通の赤ワインと違い、新酒なので、薄味で軽めの料理が合います。

このようなことから、和食と相性があるワインなのです。

また、フル一ティな味わいなので、さつまいも、かぼちゃ、栗などのような少し甘い料理とも合います。

また、お肉料理と合わせるのであれば、あつさりとした鶏肉料理がベス卜!
肉じやが、筑前煮などの料理がいいですね。

洋食の場合であれば、
かぼちややきのこを使ったグラタン
鶏肉のワイン煮込み
などの料理がオススメ。
ちなみにつまみであれば、
生ハム
サラミ
力マンベール
クリームチーズ
などがオススメです。

その他、鶏肉のクリーム煮、合鴨のソテーや、ハム、ソーセージ、パスタなど、幅広いジャンンルの料理と合わせることができます。

8b270f9017762a585aa0cc96c6909992_s

あなたのお好みで、最適な組み合わせ、マリア一ジユを探してみてください。

【一口メモ】:マリア一ジユ

飲み物と料理の組み合わせが良いこと。特に、ワインと料理の組み合わせについていう。

さて、今回は、「ワインと楽しみたいバル料理」ベスト3の簡単レシピをご紹介します!

【一口メモ】:バル(バール:Bar)とは

バル(バール:Bar)は、英語のBar(バー)と書いてスペイン語で「バル」、イタリア語で「バール」と発音されます。

バル(バール:Bar)とは食堂とバーが一緒になったような飲食店を指し、スペインやイタリアなどの南ヨーロッパにおいては酒場、居酒屋、軽食喫茶店のことです。

また、バルは、コーヒー類を飲んだり、地域のコミュニケーションの場所としても使用されており、コーヒー、ビール、ワインなどのドリンク類やタパスやピンチョスといったおつまみを提供しています。

ベスト3の簡単レシピ(出典:レシピブログ)

c011bcb118c58d98f25136d35ac2635a_s

【第1位】残ったオイルもまた旨い!「アヒージョ」

お好みの食材をオリーブオイルとニンニクで煮込む「アヒージョ」。
その定番といえばやっぱりマッシュルームです。エビとマッシュルーム、みじん切りにしたニンニクを鍋に入れ、油を具の半分が浸るくらいに注ぐだけ。
弱火でじっくり火を通していくと、作りながらついついワイングラスに手が伸びるとびきりの香りが漂ってきます・・・。

⇒ レシピをチェックする場合はこちら

【第2位】野菜もたっぷりいただける「バーニャカウダ」

イタリア北西部のピエモンテ州の名物料理「バーニャカウダ」。
バーニャは「ソース」、カウダは「温かい」という言葉のとおり、野菜にアンチョビ入りの温かいソースをつけていただきます。
こちらの簡単レシピ、アンチョビをみじん切りにしたら、ゴムべらですりつぶすように混ぜながら煮るのがポイント。

⇒ レシピをチェックする場合はこちら

【第3位】ひと工夫、が腕の見せどころ「生ハム」

そのまま食べてもおいしい「生ハム」ですが、チーズ、野菜、果物・・・とさまざまな食材との相性の良さを無視するわけにはいきません。
写真の「かいわれ大根&チーズのくるくる生ハム巻き」ならたった3分で完成!見た目の小粋さもまさにバルスタイル、コスパも最高です!

⇒ レシピをチェックする場合はこちら

【おまけ】あまった生ハムで朝ごはん!「生ハムアボカドバーガー」

おうちバルで食べきれなかった生ハムは、次の日の朝ごはんに!半熟の目玉焼き、スライスしたアボカドと一緒にバンズにはさめば贅沢な「生ハムアボカドバーガー」の完成です!
野菜でもチーズでもバルつまみの残りを上手にリメイクするのもよさそうですね。
もちろん、もしあまったらの話ですが・・・。

⇒ レシピをチェックする場合はこちら

ベスト3入りしたアヒージョやバーニャカウダは、今やファミレスや居酒屋のメニューに並ぶほど人気のレシピ。

「レシピブログでもアヒージョは昨年の186%、バーニャカウダも120%とレシピ数は大幅に伸びていて、家庭でもバル料理を楽しむ様子が伺えます」

まとめ

いかがでしたか。

解禁の季節がやってくると、何となくボジョレーヌーボーの話題が耳に聞こえてきますね。

しかし新酒というイメージ程度しか持っていない方も多いのではないでしょうか?(以前の私も実はそうでした(^0^))

そこで、このページを読むだけでボジョレーヌーボーについては十分に知識が得られるようにと今回まとめて執筆しました。

皆さんの少しでもお役に立てれば幸いです。

それでは2016年、今世紀最高になるかもしれない期待の今年のボジョレーヌーボー!に乾杯~

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です